等裁判所に仲裁-ノースカロライナ州司法支店



仲裁聴聞会は非公式の法的手続が開始される前に中立的な裁判所の公式と呼ばれる仲裁人です。 仲裁ヒアリングにより制限されていますのルールを一時間のコートハウスがあります。 のヒアリングの実施が深刻なもの、落ち着いた雰囲気の中、ルールの証拠としてガイドします。 では、この紛争を予定してお伝え、仲裁人です。 それぞれの側が現在の目撃者および文書です。 後の証拠を提示し、仲裁人のように、判事の決定は、場合です。 一度締結し、仲裁人を描画していくことが必要であることが出願の裁判所とします。 当事者の不満賞を 試 による提出を求める要望書を裁判所内の三十日の賞を受賞。 ていない場合がありますのでその間、裁判所が判決を受賞。 ビューの裁判所が命じた仲裁の年次統計の裁判所のプログラムやサービス統計-業務報告します。 対象となる裁判-仲裁、紛争が生じて提出して苦情、ノースカロライナ州裁判所のシステムです。 下